ワードプレスでお問い合わせフォームを作成するときは
「Contact Form7」というプラグインががおすすめだそうです。

しかし、私のワードプレスではなぜかContact Form7が使えなかったので
「どうしようかな……」と調べてみたところ

「MW WP form」というプラグインも評判がよかったため
こちらでお問い合わせフォームを作成することにしました。

 

なぜMW WP formは評判がよいのか?

Contact Form7は海外で開発されましたが、
向こうの人々は記入内容を「確認」してから「送信」するという習慣がありません。

日本のお問い合わせフォームでは
入力した内容を確認画面でチェックしてから送信するのが一般的ですが
海外はいきなり送信!が一般的なのです。

したがって、Contact Form7は記入後の確認画面が備わっていません。
(確認画面を入れるにはなんか設定をいじる必要があります)

書いたらパッと送信されてしまうのは
私たち几帳面な日本人にとってなじみがないので
「あっ……確認してない!」と慌ててしまいますよね。

確認画面で内容をチェックすることで
「これで合っている!大丈夫だ!」と安心感を得られるため

簡単に確認画面付きのお問い合わせフォームを作れるMW WP formが
日本での需要をじわじわと伸ばしています。

いってみれば、MW WP formが人気を集めた理由は
日本人の文化・習慣に合ったフォームを作れるからですね。

 

MW WP formでお問い合わせフォームを作成するには

まず、プラグイン→新規追加から
MW WP formをインストールして、有効化します。

すると、ダッシュボードのコメントの下に
「MW WP form」が出てくるので、クリックします。

MW WP Formの場所

「新規追加」をクリックし、作成画面へ移ったら
まずタイトルに「お問い合わせ」と入力します。

それから、いよいよフォーム作成にとりかかります。
まず、お問い合わせフォームに入れる項目を考えましょう。

ちなみに、瑞穂のお問い合わせフォームでは

  • 名前(ハンドルネームもOKにしています)
  • メールアドレス(確認用も含めて2つ)
  • お問い合わせの内容(選択式)
  • お問い合わせ本文

という、いたって何の変哲もない項目を用意しています。

名前などの入力フォームの挿入方法

名前やメールアドレスなどのテキストフォーム入力するときは
上部の選択肢から「テキストフィールド」を選び
[mwform_text name=”任意の名前”]という項目を入力していきます。

ここで設定する任意の名前は
後ほど自動返信メールを設定するときにも使用します。

「○○(入力した名前)さん、お問い合わせを受け付けました」の
「○○さん」の部分を、例えば[name]さんとすることで
「瑞穂さん、お問い合わせを受け付けました」と
入力された名前が反映されます。

自動返信メールについてはこちらをご覧ください。

任意の名前はシンプルで覚えやすいものがベターです。

また、設定項目にある数々の英語ですが、よくわからない人は
「size」「maxlength」だけ覚えておきましょう。

テキストフィールドの設定画像

sizeフォームの幅の長さを決めるもので
maxlengthがフォームに入れられる最大文字数を決めるものです。

例えば、maxlengthを40に設定した場合
その項目には40文字までしか入れられません。

「名前」の部分は、20文字ほどあれば問題はないかと思われます。

パブロ・ピカソの本名は打ち込めませんが。
(パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・クリスピン・クリスピアノ・デ・ラ・サンテシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ)(70文字)

ですが、メールアドレスは長くなる人もいるかと思いますので
maxlengthを40~50ほどに設定しておいた方が無難かと思われます。

選択肢のチェックボックスを作成する方法

例えば「購入者様ですか? はい・いいえ」のように
選択肢があらかじめ示されていると、煩わしさが軽減されます。

選択肢を1つだけ選ぶラジオボタン

このチェックボックスは通常「ラジオボタン」と呼ばれ
購入者様ですか?[mwform_radio name=”what” children=”はい,いいえ”]
というフォームを挿入することで作成できます。

ラジオボタンの作り方

作り方は左上の選択肢から「ラジオボタン」を選び
「選択肢」の部分に項目を入れていくだけです。

2つめ以降の項目は
改行をして入れるだけで選択肢に反映されるので
非常に簡単に作れるのがうれしいですね(*‘ω‘ *)

お問い合わせ本文のように大きな入力欄が必要な場合

名前のように文字数が少ない項目は枠を1行用意すれば十分ですが
本文は量が多いので、自分の入力内容を簡単に見返せるように
入力スペースを大きく設けた方が利便性が高くなります。

入力欄を設けるには、「テキストエリア」を選択します。

テキストエリアの設定で覚えてほしいのは「cols」「lows」です。

まず、colsフォームの幅を決める数値です。

この値が大きすぎると、フォームが画面外にはみ出してしまうため
ワードプレスのプレビューとにらめっこしながらちょうどよい幅を見つけましょう。

瑞穂のお問い合わせフォームではcolsを40に設定しています。

次に、lowsテキストエリアに表示できる行の数です。

瑞穂はlowsを20に設定しているので
20行目までは欄をスクロールしなくても確認できます。

 

忘れちゃダメ、ゼッタイ。確認ボタンの入れ方

MW WP formにも不親切な点が1つあります。

それは確認・送信ボタンを自分で入力せねばならない点です。

とはいっても、これも設定は簡単なもので
左上の選択肢から「確認・送信」を選んで
「確認画面に表示する文字列」
「送信画面に表示する文字列」を決めるだけです。

これを忘れてしまうとお問い合わせが送れなくなるので
必ず覚えておいて、項目を入れましょう。

確認ボタンと送信ボタンの入力方法

 

お問い合わせフォームの基本設定

以上、テキストフィールドとラジオボタンとテキストエリアが
お問い合わせフォームを作る際に必要最低限の設定項目でした。

さらに、確認・送信ボタンを入力しておけば
お問い合わせフォームの形になります。

細かい設定は他にもいろいろあるのですが
記事が長くなりすぎてしまうので分割します。

関連記事一覧
MW WP formで自動返信メールを設定する方法
MW WP formで確認用アドレス欄が一致していないときにエラーを出す方法

今日の記事がお役に立てましたら
応援ぽちっとしていただけたら嬉しいです(*^^*)

コメントをどうぞ