よく巷では
 
「情報教材は稼げない」
 
「物販では稼げない」
 
と、物販VS情報教材論争が起きています。
 
 
まるできのこたけのこ戦争みたいですね。
 
 
 
では、一体どちらが稼ぎやすいのか。
 
 
それぞれの特徴も併せて考察したいと思います。
 
 
 

情報教材アフィリエイトが稼ぎやすい理由

 
まず、この分野についてざっくり説明しますね。
 
 
情報商材アフィリエイト市場では、
主にアフィリエイトの手法を教える商材を紹介したり
アフィリエイト作業用ツールを紹介したりしています。
 
 
商材一本あたりの価格は平均10000~25000円
高いもの(塾など)では70000円ほどにもなります。
 
 
こんなに高い情報商材ですが、
 
1本売るごとに数千円~10000円を超える
 
アフィリエイト報酬が入ります。
 
 
ですが、自分でも教材を購入して
「この教材は○○だった」とレビューを書く必要が出てきます。
 
実店舗でいうと、いわゆる「仕入れ」ですね。
 
仕入れをして、それを実践したうえで
情報教材の紹介記事を書くことが重要となります。
 
 
 
近年ではインフォトップなど情報教材のASPでの
情報教材の販売者に対する審査が厳しくなったため
いわゆる「詐欺教材」は減ってきました。
 
 
しかし、詐欺教材かそうでないかの
デメリットを回避する以外にも
 
あなたが情報教材の内容を知っていることで、
「教材を実践してどうなったか」を実証できます。
 
説得力を上げて購入をしてもらうために、
アフィリエイターは仕入れをしている人が多いです。
 
 
この市場は正しくブログを作って、定期的にメルマガも出して
ある程度の集客を見込めたら、月収30~50万も可能な世界です。
 
 
 
物販では単価500円の商品を1個売ったときの報酬が5円だとしたら
5(円)×2000(個)=10000円という計算になります。
 
 
それが、情報教材アフィリエイトでは
1本売るだけで10000円の報酬が入ります。
 
 
まだアクセス数の集まっていない初心者ブログでは
2000アクセス(実際にはもっと多くのアクセスが必要)集めるよりも
 
100アクセス集めて1本買ってもらう戦法の方が
実現可能で、試みやすいです。
 
情報教材アフィリエイトは「後発組は稼げない」と
よく言われる分野の市場ですが
 
自分のキャラクターをしっかり決めて人柄で魅せる戦法を使えば
後発組でも稼ぐことは不可能ではありません。
 
 
 

物販アフィリエイトでは稼げるの?

 
先ほどは「物販はアクセス数が必要だから稼ぎにくい」と書きましたが
やり方次第では情報教材アフィリエイトに負けないほど稼げます。
 
 
まず、物販アフィリエイトは商品の単価が低いため
購入してもらうまでのハードルが情報教材に比べて低いです。
 
 
それだけ多くの人に購入してもらえるのが、物販のメリットです。
 
あなたが発信している分野に興味のある購入者が増えれば
リピーターも見込みやすくなります。
 
 
中にはクレジットカードや保険加入などの
単価の高い案件もあるので、それらがうまく売れれば
報酬も上がりやすくなります。
 
 
ただし、物販はただアフィリンクをペタペタ貼るだけでは
永遠に稼ぐことはできません。
 
モノを売るための手法、アクセスを集めるための手法などを
勉強しないと、稼げる側に入ることは不可能です。
 
 
その勉強量は情報教材アフィリエイトよりも多いといわれています。
 
 
 

物販と情報教材どちらがいいの!?

 
「物販がいい!」「情報教材がいい!」という
論争は尽きることがありません。
 
 
ですが、どちらの方法がいい・悪いではなくて
どちらも勉強を重ねて正しい方法で実践すれば
 
そのジャンルならでの恩恵を受けられると思います。
 
 
「情報教材は独自特典作ったりするの難しいからやーめよっと」
 
「物販はなんか難しい設定しなきゃだからやりたくなーい」
 
 
こんな気持ちで始めてしまったら、
どちらを選んでも長続きするはずがありません。
 
 
あくまでもあなたが興味を惹かれたジャンルで
勝負をすることが、成功への近道となります。