検索エンジンとSNSからのアクセスではどちらを重視すべきかでは
アフィリエイトブログでは検索エンジンの流入が
大切ということをお話ししました。

ですが、検索エンジンからのアクセスを集めるのは
簡単な道のりではありません。

検索エンジンからの流入を強化するためには
SEOを学び、実践していくことが大切です。

「SEOをやったらいいのはわかるんだけど…」

なぜSEOを施すと検索エンジンで上位表示されるのか
その本質がわかると、SEOを学びたい!という
モチベーションが上がるのではないのでしょうか。

SEOってどういうもの?

SEO(えすいーおー)を「セオ」と読んだのは私だけではないはず(笑)

SEO(検索エンジン最適化)はその名の通り
検索結果に合った記事を上位表示させるために
必要な技術のことをいいます。

もしあなたが「ハンバーグがおいしい店」で検索した結果
「おいしいハンバーグの作り方」が1位に出ていたらどうでしょうか。

「いやいやw違うからw作り方じゃないしwww」と思うでしょう。

検索したキーワードに合わない記事が出てこないようにするのが
検索エンジン最適化の仕事です。

「Googleって使いづらいな」と思われないように
検索エンジンは一生懸命頑張っています。

こんなブログは検索エンジンに嫌われる!

記事タイトルは「おいしいハンバーグの作り方」なのに
蓋を開けてみると「おいしいカレーの作り方」だった…

こんな記事を読んだら、あなたは「ふざけんな」と思うでしょう。

これは正しくないSEOの一例ですが
どうして正しくないのか、理由はもうわかるでしょう。

検索者がほしい情報を提供していないからですね。

このように、正しくないSEOをやってしまうと
検索する側が迷惑してしまいます。

当然こんなブログが上位表示されるはずがないので
タイトルと記事内容が違うようなことがないよう
注意していかないといけませんね。

検索エンジンに記事を正しく伝える

いくら質の高い記事でもSEOをまったく施していないと
あなたの記事の内容が検索エンジンに正しく伝わらず
正しいキーワードで検索しても
検索結果に出てこなくなります。

検索ワードと検索結果の内容が一致していない

ですが、SEOを正しく施すと
検索エンジンが「ハンバーグの作り方の記事だな」と
記事を正しく認識してくれます。

文章を読むことができない検索エンジンに
「ハンバーグの作り方 1.玉ねぎを刻んで炒めます」のように
文章の構成を伝えられるSEOはすごいと思いませんか?

だからSEOを学習してブログに反映すれば
「ハンバーグ 作り方」のような正しいキーワードで
検索結果に出せるようになるのですね。

質のいい記事を上位表示する

「この記事はハンバーグの作り方が
順序立ててわかりやすく書いてある」と認識されれば、
他の記事を押しのけて上位表示できます。

検索エンジンは機械なので記事を読むことはできませんが
SEOを施すことで、機械にも内容が正しく伝わります。

いわば、機械に正当な評価をしてもらうために
あなたの記事の内容を教えるのがSEOです。

SEOを施しているブログが検索エンジンに好かれる理由

単純に、機械の脳みそでもわかりやすいからです。

私たち検索者が使いやすい検索エンジンにするために
キーワードに合う質のよい記事を上位表示するように
Googleは努力しています。

記事を理解する手助けとなるのがSEOで
正しく施しているブログは機械に「わかりやすい!」と
高い評価を受けやすくなります。

だから、SEOを学ぶと検索結果に表示されやすくなり
あなたのブログにたくさんのお客様が来てくれるのです。

今日の記事がお役に立てましたら
応援ぽちっとしていただけたら嬉しいです(*^^*)