直帰率80%のブログを、直帰率50%にする方法を紹介します。

5人に1人しか複数の記事を読んでいなかったのを、2人に1人まで引き上げます!

PVとUUの違いがわからない人はまずこちらをご覧ください↓
ユニークユーザー(UU)とは何?増やし方がよくわかる!

PVを伸ばして、ブログの評価をぐんぐん上げて
上位表示されるのを目指しましょう!

 

関連記事を入れるとPVが伸びる!

PVを増やすための手っ取り早い方法は、
記事中に関連記事を入れることです。

単純にその記事の内容に関係している記事を書くだけでなく
関連記事はわかりやすいブログを作る手助けにもなります。

例えばこの記事はPVとUUの違いがわかる人に向けて書いているので、
言葉の意味の説明などは入れていません。

だから意味がわからない人には不親切な記事となっています。

そこを補完するために、関連記事のリンクを入れて
どんな人にでもPVとUUの違いがわかるようにしました。

記事のターゲットをしっかり決めて書くと
一部の人にしか伝わらない濃い情報が載った記事ができます。

ただ、それでは今回の記事のように
その他の人を置いてけぼりの記事になってしまいます。

ですが、関連記事を上手に挟んでいけば
記事のターゲット層を広げられます。

「PVの伸ばし方」についての記事を見た人が
たとえPVについて知らなかったとしても

すぐにブログを去らず、「PVって何だろう?」と
他の記事をクリックしてくれる効果もみられます。

「親切なブログ」を目指したいあなたには
関連記事や補足記事を放り込むことをおすすめします。

 

関連記事プラグインを入れる

これはWordpress側の設定ですね。

関連記事はもちろん記事内に入れた方がいいのですが

プラグインを使うと、こちらは何も特別な設定をしなくても
勝手に関連記事一覧を抽出してくれる便利なプラグインです(*^^*)

私は「Wordpress Related Posts」というのを使っているのですが
アイキャッチ画像も一緒に表示してくれるので重宝しています。

関連記事プラグイン

アイキャッチが入っている方が
文字だけよりも見栄えがいいので個人的には好きです。

「Wordpress Related Posts」の設定方法

これは説明が英語なので少しわかりにくいのが難点ですが……

まず「Wordpress Related Posts」でプラグイン一覧を検索して
インストールを完了させます。

次に、「設定」から「Wordpress Related Posts」を開きます。

Wordpress Related Posts

それから、関連記事を表示させるときの設定をします。

Wordpress Related Postsの設定

上は「関連記事はこちら」などを自由に書く欄です。

※当ブログでは「こちらの記事も読まれています」に設定しています。

下の欄は、関連記事を何記事表示させるかを決められます。

私はスマホでの見やすさも考えて、6記事にしています。

関連記事プラグイン スマホでの見え方

一段に3記事ずつ表示されるので
関連記事は6か9記事あたりがおすすめです。

 

ブログをサクサク軽くしてPVを伸ばす!

せっかく興味のある関連記事を設定しても
表示までの速度が遅いブログじゃ読む気も失せますよね。

PVを増やすには関連記事を設置するだけでなく
ブログを軽くするのも大切な要素となります。

重いブログだと1ページだけ、いや1ページすら見ないで帰っちゃいますからね(ノД`)・゜・。

ブログを軽くする手っ取り早い方法は
WordPressの中で使っていないプラグインを消すなどです。

それから画像を使いすぎないなどいろいろあるのですが
方法が多すぎてちょっとここではまとめきれません。

ブログを軽くする方法については
こちらに書いてあるので参考にしてみてくださいね。

 

PVを伸ばすためにしておくべきこと

まずはなんといっても関連記事を書くことです。

もちろんPVを2倍、3倍にするための関連記事も必要ですが
記事の内容を補足する意味合いで入れると、より訪問者にやさしくなります。

また、PVを増やすためにプラグインを入れる方法を紹介しましたが
これは特別なことではありません。

PVを伸ばすためには必要最低限のことと思ってください。

プラグインを入れたうえで
記事の中の必要なタイミングで関連記事を提供して
やっとスタートラインに立てるのです。

また、せっかく書いた関連記事を読んでもらうために
遅いブログの速度を改善するのも必要なことです。

PVを増やしたいあなたはぜひ3つとも実践してみてください!
世界が変わるかもしれませんよ(笑)

今日の記事がお役に立てましたら
応援ぽちっとしていただけたら嬉しいです(*^^*)