人が「これ面白そう!」「ためになりそう!」と思える記事を書かねば!と思っても
いつもいつも反応が薄いし、検索されてる気配もない……

「このままじゃいつまでたっても売り上げが上がらない!」と
悩んでいる人はいませんかー?

どのように記事を書いたら
読者があなたのブログを熱心に読んでくれるのか伝授します。

 

訪問者の悩みを解決する

まずは、検索した人の悩みに合った記事を書くことです。

例えば「スタッドレスタイヤ 安い」で検索してきた人は
「安いスタッドレスタイヤの情報」が知りたいのですよね。

なのに「そろそろスタッドレスタイヤを買いたいけど、どこが安いのかな?」
と自分の感想しか書いていない記事しか見つかりません。

あるいはこんな記事とかね。

「スタッドレスタイヤとは雪道走行の際にスリップしないようにするものです」と
説明文が冒頭に長々と載っている系の。

知っとるわ!だから今探しとるんや!

もしスタッドレスタイヤを知らんかったら
「雪道 タイヤ 滑る」とかで検索しとるわ!と思ってしまいます(笑)

そして肝心の「安いスタッドレスタイヤ」の情報は
2ページ、3ページ目に載っているような不親切なブログも多いですよね。

こういうのは私は途中でブラウザバックしてしまいます。
たとえタイトルが魅力的でも関係ありません。

ページをめくったらちゃんとした情報が載っているだろうけど、
それよりも他のページを開いた方が早いと思います。

どうしてこのキーワードで検索したのかな?と
バックグラウンドを考えるのって無茶苦茶大事ですね。

「安いスタッドレスタイヤの選び方」の記事を書くなら
スタッドレスタイヤについての説明文や効能紹介は省いて
いきなりタイヤ屋さんを紹介しちゃうんでいいんです。

説明がなくてもぜんぜん不親切でないので問題ありません。

 

あなたの個性を知る

情報教材アフィリエイトブログでは
あなたのキャラクターは他人と差をつける要因となります。

「この人私と同じような考え方している!」「境遇が似てる!」と思って
そのブログアフィリエイターのファンになったことはありませんか?

逆に「この人なんか好きじゃない……」と思ったら
すぐにそのブログから離脱しちゃいませんか?

人物像に共感できると、熱心に記事を読んでもらえて
リピーターになってもらえる可能性も高くなります

だから記事を人に読んでもらうためには
あなたにしか出せない色を出していく必要があります。

スイーツが好きならスイーツを絡めた記事を書くなど。
例)具体例にスイーツを絡めた例

みんなが似たような記事を書いていて
個性を出しにくそうな情報教材アフィリエイトブログでも
自分の趣味を絡めて、あなたにしか出せない雰囲気を作れます。

「みんな同じ」から脱出して、共感を集めるきっかけになりますね。

あなたはどのアフィリエイターに共感する?

好きなアフィリエイター・ブロガーの文体・性格を分析するのも
自分を知るきっかけになります。

例えば「この人の穏やかな語り口が好きだなあ」と思ったら
自分もマネできないか考えてみましょう。

もしあなたが元気はつらつとした性格でしたら
おっとりした部分は取り入れないなど工夫も必要ですが。

自分とかけ離れすぎていない範囲で
無理なくさりげなく取り入れるくらいの感じでいきましょう。

その人が売れているアフィリエイターならば
「なぜ私はこの人から買ったのか」「どこが好感を集めているのか」など
分析していくのも大切な勉強です。

 

人が「これ読みたかった!」と思う記事を書くノウハウ指南書

最後に、私が最近読んで「これは……!」と思った本を紹介します。

どんな記事が読まれるか、どんなキーワードで検索する人を狙えばいいかなど
Webライティングに必要なノウハウが具体例を挙げて書いてあります。

わかりやすい具体例で実感しやすい

具体例というのは、漫画のキャラクターです。

両親を亡くした旅館の若い姉弟が経営に苦労していて
Webからの集客を強化しよう!とホームページに力を入れ始めたというストーリーです。

screenshot_20161114-100906

展開が色々とぶっとんでるけど
記事の書き方がすんなり頭に整理されて入ってきます!

ただノウハウを読んで「へえ~そうなんだ!」で終わるんでなくて
実際のホームページも読めるからテクニックの使い方がよくわかるんです。

私が実際に記事を書くときはいつも
「どうすりゃいいんだろう……」と悩んでいたのですが

サイトを実際に読んで「こんな感じにしたらいいかな?」がわかって
心なしか記事が生き生きした気がします。

最初はどこにでもあるような平凡なサイトだったのが

本文のノウハウを使って修正されていくにつれて
オンリーワンの魅力的なサイトに生まれ変わる過程を一から読めるので
濃いノウハウのひとつひとつが体系的に身につきます。

これを読むと温泉旅行したくなるのが玉に傷ですが。
温泉協会(そんなんあるのか)のステマかと疑ってしまいます。

「沈黙のWebライティング」の欠点を挙げれば
ストーリー展開がいろいろと現実離れしている点でしょうか。

これもある種のファンタジーだと思うしかありません。

温泉再建までのストーリー展開に夢中になりすぎて
ノウハウをすっとばしてしまわないよう注意してくださいね。

購入時に注意してほしいこと

書籍版ではお取り寄せになるため配送までに時間がかかります。

電子版では216円も安く買えてすぐ読めるメリットがあります。

漫画形式なので電子書籍でも読めるのは読めるのですが
文字が小さめなので、書籍版の方がストレスなく読めますね。

5.5インチ以上のスマホならば電子でも大丈夫かな?という印象です。

私の5.0インチだと、少し拡大が必要な場面もありますが
特段読みづらいということはありません。

 

読者に興味を持たれる記事を書く方法

あなたの記事がもっとしっかり読まれるためには
まず、検索したキーワードからどんな記事が必要かを見極めることです。

そして、あなたの趣味や性格などの個性を記事の中に入れていくと
共感ポイントの多いオリジナリティの高い記事が書けますよ(^^)

読者に興味を持ってもらうブログの書き方を知ると
あなたの記事が「役に立った!」というファンも増えてくるので
いいビジネスチャンスになってきます。

今日の記事がお役に立てましたら
応援ぽちっとしていただけたら嬉しいです(*^^*)